ブログ

ブログ記事一覧

ビジネス最強の矛と盾 Vol.9『PDCAサイクルを回せ!!』

経営セミナーなど、経営に関する情報には必ずと言って良いほどPDCAという言葉が出てきます。
PLAN(計画)⇒DO(行動)⇒CHECK(評価)⇒ACT(改善)というマネジメントサイクルです。私自身、経営を学んだとき初めに目にした内容でありましたし、納得させられるほど論理的な考え方です。

私の実感としては、ほとんどの会社がPDCAサイクルは機能していないと考えます。
なぜならPLANの策定段階から失敗しているからです。
ほとんどの会社が目標だけを掲げて終わったり、将来ビジョンを掲げて終わったりなど、漠然とした内容で決定とされてしまい、具体的な策が何もないため行動も評価も行えず時間だけが経過し、最後はノルマなどの根性論になってしまうケースが多くあります。

本来、PDCAを意識した会議から始まる事自体が間違いなのです。
先ずは目標と達成するための具体的な手法を決め実行します。
実行していると日々たくさんの問題が発生します。原因をしっかり考え、迅速に対応策を講じていきます。一番大事なのはここです。
現場で起こる問題の報告を真摯に受け止め、迅速に改善策を打つことを繰り返すことが、自然と目標達成に向けたPDCAサイクルを回していることになります。
商取引は現場で行われています。その現場の不具合をすばやく修正しなければ目標達成など叶うはずもありません。

「目標の未達成はどこに問題があるのか?」との社長の発言に対する答えは2つです。
日々の問題に目を背けて放置し、大事な部分が無策であるから。
当初の目標達成の具体的手法が間違っているから。

手法が違うなら業務スキームを再構築し、合っているなら現場に目を向けなければなりません。
会議で話し合ったから結果が変わるのではありません。
スキームや現場が変わるから、結果が変わるのです。

会議上だけのPDCA論議など何の役にも立ちません。現場でのPDCAサイクルが何より重要です。

株式会社ベストプランコンサルティング
中小企業診断士
代表取締役 沖本伸也