ブログ

ブログ記事一覧

ビジネス最強の矛と盾 Vol.2『第7の経営資源とマーケティング』

一般的な経営資源と言えば『ヒト、カネ、モノ、情報、技術、ノウハウ』の6つです。
この6つの要素を高めながら機能させて会社は成長していきます。
あまり言われませんが、実はもうひとつ重要な経営資源があります。

それは『時間』です。

時間をうまく使いこなせないと機会損失の発生や経費の増大が起こります。
時間を経営資源の1要素と捉えることが出来なければ、これらの損失に気づくことはありません。

時間は効率化を図るだけではなく、もうひとつ重要な役割があります。
ビジネスで資金を増やすには、売上を増やすか費用を減らすかのどちらかです。
しかしこれが難しく、多くの会社が赤字で資金を減らし苦しんでいます。

お客様数は十分だけど赤字である会社は、時間の切り口では『効率』の問題になります。
この場合、計画の有無や段取り、人材配置、業務方法などを見直すことがポイントになります。
お客様数が十分でなく赤字である会社は、時間の『活用』という切り口から考えます。
この場合は、『時間』という経営資源を最大限活用することができます。

では、『時間』を何に活用すべきか?答えはマーケティングです。

商品、サービス、会社、社長や従業員をお客様に届けるために『時間』を全力投資します。
アイデアやその他の経営資源を駆使して、リスクの低いものや手掛けやすく効果が見込めることから実行していきます。

一発逆転した会社は、本当に『一発』で逆転した訳ではなく、時間を最大限活用したのです。
途方に暮れて時間をムダにすることなく、現状をポジティブに捉え時間を活用する会社が、チャンスを前髪でつかむことが出来るのです。

株式会社ベストプランコンサルティング
中小企業診断士
代表取締役 沖本伸也

愛媛経済レポート 2016年5月23日号掲載画像:ビジネス最強の矛と盾 Vol.2『第7の経営資源とマーケティング』